FC2ブログ
ebawo

ebawo


デジタルモノ好き。
おいしいモノ好き。

企画とかのお仕事してます。


みなさん、ご協力を。

新橋近辺で働く人のおともに


新橋深夜食マップ



Twitterボタン

検索フォーム
27

So-net mobile 3G SIMのXperia arcをバージョンアップ ~Xperia arc 2.3.4でもMVNO SIMでテザリング。

■Xperia arc がandroid2.3.4に。

これまで8Mモード時はカメラのズームができなかったのが、16倍ズームができるようになったり、

スクリーンショットが撮れるようになったり、いろいろ便利。

いままでは、ドコモに消されていた公式テザリングもメニューで追加されることに。

ちなみに、アップデート後は、フォルダのデザインも変わり、これまでと違って、フォルダの中がみえるように。






■でも、2.3.3で自分でテザリングを復活させていた人には残念な2.3.4


前の記事で書いたように、2.3.4にアップデートすると、テザリングをONにしたときのアクセスポイントがドコモ指定のものに強制的に自動で変更されてしまう。

そのため、僕みたいに、So-net mobile 3G のSIMでテザリングメニューを復活させていた場合、ドコモのSIMじゃないので、テザリングができなくなってしまう。

なので、2.3.4へのアップデートを見送ってた。



■ようやく、2.3.4にして、ドコモのAPN固定を解除する方法が出てきたみたい。


が、いろいろ探しているうちに、2.3.4にアップデートして、ドコモのAPN固定を解除する方法がみつかったっぽい。

ので、さっそくやってみる。



■結論。できた。でも、めんどい。


正しくできたやり方だけ、順を追って書きます。
途中ちょっといろいろ失敗した。。


①Xperia arc を2.3.4にアップデートする。


これは、普通にXperia arcをPCにつないで、Sony Ericsson PC Companion 2.0 で
アップデートするだけ。






「再起動が長すぎる」という話もあったけど、5分くらいで終わった。


僕の場合、2.3.3でrootをとっていたけれど、設定を戻すこともなく、アップデート完了。

アップデートが完了すると、ビルド番号が4.0.1.C.1.9になる。









②Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit で再びroot化

アップデートすると、rootが失われてしまうので、前回かいたツールで再びワンクリックroot化。

ダウンロード元をいちおう再掲すると、Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit はここから。

今回はv2があがっていたので、そちらを使ってみましたが、何の問題もなく完了。



③AndroidにTitaniumBackupをインストール。


なにもバックアップが取りたいんじゃなくて、一緒にインストールされるsqlite3がほしい。

Android MarketからDL。



④PCにAndroid SDKをインストール


ここからAndroid SDKをダウンロードして、インストール。

必要であれば、Javaもインストール。


インストールしたら、コマンドプロンプトでadbが使えるようにするために、PATHを通すことが必要。

「マイコンピューター」右クリック→プロパティ→システムの詳細設定→詳細設定タブ→環境変数と進む。

「システム環境変数」のところで、変数にPathがある場合、「編集」ボタンで、「変数値」のところに、インストールしたandroid SDKのtoolのありかを追記する。

やり方の詳細は以下の二つを見てください。

Android SDKのインストールはこちら

PATHの通し方はこちら

ちなみに、ちゃんとパスが通ると、コマンドプロンプトで「adb」コマンドが使えるようになる。




⑤PCのコマンドプロンプトでドコモのテザリング時のAPN固定を解除する。


コマンドプロンプトで、以下を入力。ここで、TitaniumBackupが効いてくる。

(USB デバッグモードでAndroidをPCに接続していることが必要)


adb shell
$ su -
# mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock0 /system
# dd if=/data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 of=/system/bin/sqlite3
# chmod 4755 /system/bin/sqlite3
# sync
# mount -o ro,remount /dev/block/mtdblock0 /system
# sqlite3 /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db

sqlite> update secure set value = '0' where name = 'tether_dun_required';
sqlite> .quit

# sync
# exit



ちなみに、コマンドプロンプトで上記を入力すると、以下のようにかえってくる。

C:\Users\username>adb shell
$ su -
su -
# mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock0 /system
mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock0 /system
# dd if=/data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 of=/system/bin/sqlite3
dd if=/data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 of=/system/bin/sqlite3
597+1 records in
597+1 records out
305743 bytes transferred in 0.186 secs (1643779 bytes/sec)
# chmod 4755 /system/bin/sqlite3
chmod 4755 /system/bin/sqlite3
# sync
sync
# mount -o ro,remount /dev/block/mtdblock0 /system
mount -o ro,remount /dev/block/mtdblock0 /system
# sqlite3 /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db
sqlite3 /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db
SQLite version 3.7.6.3-Titanium
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> update secure set value ='0' where name='tether_dun_required';
update secure set value ='0' where name='tether_dun_required';
sqlite> .quit
.quit
# sync
sync
# exit
exit
#

これで完了。

僕は、これで、So-net mobile 3G のSIMで、OS標準のテザリング機能で、Wifiでテザリングしてます。




⑥念のため確認すると。



テザリングを有効にしてから、*#*#4636#*#* にダイヤル。「携帯電話情報」を開く。

開いた画面の中で、「GSM切断:===DATA===」のところが ドコモが固定しているAPNである、「dcmtgr.ne.jp」になっていなければOK。


ちなみに、僕の場合は、So-netになったままになってくれている。








■失敗した方法


ウェブだと、「SQLite Editor」を使う方法も紹介されています。

たとえば、ここで。


要は、「tether_dun_required」の値を書き換えてあげればテザリング時のドコモAPN固定が解除されるみたいです。





が、この方法がなぜかエラーが出てできない。

googleで調べたら、他でもこういう症状の人がいるとのこと。

なので、今回はTitaniumBackupを使ってみました。


これで、Wifiテザリングはそのままに、もっと便利なXperia arcになりました。

しかも、So-net mobile SIM なので、安い。



※すべて自己責任でお願いします。

スポンサーサイト



2

Comment

  1. ebawo

    ebawo

    2011-12-10 (Sat) 10:58

    Re: 09

    arc購入者さん、こんにちは。

    ブログに書いた①~⑤の手順以外では、特になにも設定していません。

    僕も、そんなに詳しいわけではなくて、googleで検索した結果の寄せ集めでしかなく、
    お役に立てずに申し訳ございません。

    もしかしたら、2.3.3の時に、hostapdを入れ替えて、テザリングを復活させており、
    http://ebawo.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
    その後、2.3.4にアップデートしたことが影響しているのかも、とも思いましたが、
    2.3.4をインストールしたときに書き換えられていると思いますし、あまり関係ない
    でしょうね。。

    ちなみに、USB接続でのテザリングはできているのでしょうか?
    USBテザリングができているのであれば、テザリング自体はうまくいっていることに
    なるかと思います。

    また、当然されていらっしゃるとは思うのですが、arc側でのSSIDの設定
    (メニュー「WiFiホットスポットを設定」から設定)はされてますよね。
  2. ebawo

    ebawo

    2014-01-12 (Sun) 16:39

    花本さま


    ebawoです。


    すいません、、ブログ放置してたもんで。。

    半年ほどたっていますので、もうすでに疑問も解消されているかもしれませんが。。


    僕、あの後SO-01Cを使わなくなってしまい、今、再現できる環境もないので、
    申し訳ございませんが、ちょっとわかりません。

    現状ですと、今のバージョンのandroid OSで普通にテザリングできると思いますが。。

    僕がいじくっていたころは、まだテザリングが標準ではなかったもので。


    よろしくお願いします。




    > お世話になります。
    >
    > SO-01C にテザリングができるようなのでやってみました。
    >
    > PCには詳しくない方です。
    >
    > 青いWiFiマークは点灯したのですが
    > i-padでは 設定では認識はするものの
    > メール、インターネットでアクセスしてもつながりません。
    > 何かやるべき事を忘れているのでしょうか?
    >
    > SIM待ちで、 PCのUSB接続です
    > スマホの画面にはテザリングとポータブルホットスポット の欄が出ています。よろしく<m(__)m>します

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL